単価の相場をある程度把握

単価の相場をある程度把握

どの仕事にも単価の相場と言うものがあって、経験を重ねていくうちに相場が分かるようになります。

例えば文章作成の仕事の場合、某サイトでは50文字あたり80円が相場ですが、他では500文字100円が相場の場合が多いです。

単価で20円も違ったら、月にすると結構な収入の差になってしまいます。

同じ量の仕事をしていて、単価が違ってしまったらやる気をなくしてしまいませんか?

私は仕事探しをするにあたっては、相場よりも低い仕事には応募しないようにしています。

中には相場の半額程度の単価のものがあって、同じ収入を得ようとしたら倍の仕事の量をこなさなくてはいけないために、辞めてしまいました。

在宅ワークの単価に関しては、色々な求人サイトをチェックしてみると、大体相場が分かります。

単価10円の仕事は、手間がかかる割には収入に上手く繋がらなかったので、1回だけ仕事をしてその案件が終わってから、辞めてしまいました。

ただ経験が少ない時期の場合には、単価が低くても実績作りの為と割り切って、頑張っていました。

単価が高い案件も魅力的ですが、単価が高い案件の場合には、実績や能力もそれに伴って、必要になってくるので今は応募していません。